顔面崩壊ブログ。ーニキビ治療の全記録

ニキビ跡治療、スキンケア、美容、乾燥肌、敏感肌に関連する記事を、ぼくの体験をもとに投稿していきます。更新頻度は低めですが、悪しからず。

MENU

皮膚の瘢痕治療・レーザー治療で、関西で最も有名な形成外科に行ってきた

どーも、顔面崩壊ブロガーのしばっちょです。

 

つい先日、6月2日に、待ちに待った形成外科へ初めて行ってきました。

理由は顔の皮膚の瘢痕治療です。といっても初回だったので先生と面談をして、今後のおおざっぱな予定を決めただけでした。

形成外科、、やっとこの段階まで来たか、という心境です。

 

 

葛西形成外科に初めて行ってきた

6月2日に初めて葛西形成外科に行ってきました。

今までずっとお世話になった、大阪医科大学附属病院皮膚科の森脇先生からの紹介です。

森脇先生は本当に皮膚のスペシャリストで、初めて僕の顔を見た瞬間「ここちょっと膿んでるねえ、ここかゆいでしょ?ここ、これから炎症起こしそうやね。」などと僕の皮膚の状態をほぼ全て見抜かれました。

他の病院では症状を自分で説明していたのですが、ほぼ何も言う事がなかった記憶があります。本当に森脇先生には感謝しています。

森脇先生には、いつかお礼をしに会いに行きたいなあ、と思っています。

 

【院長】葛西健一郎先生との面談

形成外科を含む建物の内装はとても綺麗で高級ホテルみたいで、なんか自分が場違いなんじゃないか、と思うほどでした。

葛西形成外科は2階にあり、働いているお姉さんたちが皆美人でびっくり。いや本当に美人ばっかり。きれいな人見ると元気出ますよね。女性のあなたもイケメン見ると元気出るでしょ?

 

予約時間より50分も早く着いたので、待合室で暫く待機。

予約時間より少し早めに名前を呼んで頂き、先生と面談。面談は院長の葛西健一郎先生とでした。

ホームページを見る限り、どうやらドクターは院長だけのようです。

その日は初回だったので、今後の計画・治療方針をおおまかに決めるだけという感じでした。

 

自分がマスクを外して顔を見せると、「あーなるほどねぇ、大変やったやろー。君のような症状の方たまに来るんですわ」と言われました。

やはり僕のような症状は、なかなか稀なようでした(^^;

でも先生は「この状態やとツルッツルな肌までいくのはかなり難しいけど、かなりキレイになるからまあ安心して」と言って下さり、少し希望が湧いてきました。

自分のボコボコで穴の開いた肌が、キレイになることを想像するとワクワクしてきます。 

 

6月13日は手術

今回は面談だけでしたが、次からはいきなり瘢痕治療に入ります。

具体的には6月13日 月曜日に、皮膚を切除する手術をします。手術といっても、そこまで大それたものではありません。僕は、皮膚が飛び出している部分が数か所あり、それを切り取ってもらう簡単なものです。

 

その部分は以前から本当に気になっており、毎日引っ張ってたら勝手に取れないかな?とか考えてた事もあります。 

f:id:shibaccho:20160615152134j:plain

 

治療を受ける人の注意点

受付の方にこんな紙をもらいました。

f:id:shibaccho:20160608200658j:plain

  • 院内飲食禁止
  • レーザー治療前には化粧は完全に落とす
  • 予約時間厳守

 

特に予約時間には結構厳しめで、ほんの少しでも予約時間に遅れると、他の患者さんに迷惑がかかるため、後回しになっちゃいます。まあ、当たり前っちゃ当たり前ですよね。

逆に自分の前の人が遅れてきたせいで、自分の診療時間が遅れるって腹立ちますもんね。

 

また、女性の方はレーザー治療の前には化粧を完全に落とさないといけません

そうでないと治療効果が落ちたり、副作用が起きてしまうことがあるようです。

ですから、できれば治療当日は化粧はしないで、すっぴんで行くのがベストなのでは?

 

葛西形成外科へのアクセス・立地

病院を選ぶ時、アクセスと立地ってかなり重要だと思うんです。以下、葛西形成外科のそれについて、具体的に説明します。

結論から先に言うと、葛西形成外科さんは、

・とてもアクセスし易い立地

かつ

・”肌に優しい”立地

です。

 

とてもアクセスし易い立地

同じ病院に何度も通うとなると、行き易さってとても大事だと思うんです。

僕は小さい頃から結構病弱で、皮膚の事や腰痛(ヘルニア)、足の筋肉の事などなどで、かなり色んな病院に通った経験がありますが、病院の立地はとても重要だと考えています。

立地が悪いと、単純に行くのがとてもダルくなります。

 

また、例えば僕のようにヘルニアを患っていて、歩いていると足がシビれてくるような人は、公共交通機関でアクセスし易い病院なんかが良いですよね。駅から徒歩3分とか。

この点において、葛西形成外科さんは何一つ文句の出てこないベストな立地でした。

では一体なぜなのか?

それは、駅自体の真上に位置しているからです。

 

以下、具体的に説明していきます。

まず葛西形成外科さんがあるのは、大阪府 本町。地下鉄の御堂筋本線の本町駅です。

本町ガーデンシティという大きな建物が本町駅と直結しており、なんと本町駅の7番出口のエスカレーターを登って行けば、もうそこは本町ガーデンシティの入り口です。

駅と葛西形成外科さんがある本町ガーデンシティとが、直結しているんです。

実は、僕はエスカレーターを登った後、入り口が分からず少し迷ってしまったので、電車を降りて建物の入り口に至るまでのルートを載せておきますね。

 

まずは御堂筋本線 本町駅で降りたら、7番出口を探しましょう。

f:id:shibaccho:20160615152638j:plain

次に、上の画像の改札を出て左、道なりに進めばエスカレーターがありますので、それで上がって行きましょう。

 

2階分上がれば地上に出て、下の画像のような光景が目に入ってきます。

f:id:shibaccho:20160615153239j:plain

もう入口は目前です。エスカレーターを降りたら、自分の背後の方向に回れ右して進んで下さい。

f:id:shibaccho:20160615153529j:plain

はいここが入口です。正直入口にしては小さいので、わかりづらかったです。

ここ入って少し進むと右にエレベーターがあるので、2階に行きましょう。するともう葛西形成外科です。

f:id:shibaccho:20160615153828j:plain

僕のように、入り口がわからず周囲をグルッと回ってしまう人が出ない事を祈ります。(笑)

 

肌に優しい立地

”肌に優しい立地”って何だよ、と思うかもしれませんが、本当に”肌に優しい”場所にあるんです。以下その理由を書いていきます。

 

暑さが嫌いな人には最適

駅のエスカレーターから、病院がある建物がひと続きになっているのは、暑いのが苦手な自分にはとても良い環境と言えます。

良い環境というか、最高です。

本格的な夏になると、炎天下の中の外を歩くのがマジで辛いです。

 

僕の場合、常にマスクを着けているので、蒸れるわ汗かくわでとてもしんどいです。しかも汗をかくと、肌がめちゃくちゃカユくなってしまいます。

なので、駅と病院がひと続きになっているのは、暑さが苦手な僕のような人には理想だと思います。肌に優しいぞ!

 

太陽はレーザー治療の敵

これはかなり重要なポイントです。 

レーザー治療の効果を最大限に発揮させるには、治療した部分に太陽の光が当たるのを避ける必要があります。

せっかくお金をいっぱい払って治療するんだから、治療の効果をしっかりと引き出したいですよね。

駅と病院がひと続きになっているという事は、必然的に太陽に接する時間が減ります。

外を歩く必要がないのですから。肌に優しい! 

また、レーザー治療を受けた後は、太陽の紫外線から治療した部分を守るため、日焼け止めをしっかりと塗った方が良い、と院内の案内に書いていました。

ということで、葛西形成外科は、

アクセスし易い立地であり、なおかつ“肌に優しい”立地でした。

しかも、美人が多い。うむ。

 

では今回はこの辺りで。

関連記事