顔面崩壊ブログ。

ニキビ跡治療、スキンケア、美容、乾燥肌、敏感肌に関連する記事を、ぼくの体験をもとに投稿していきます。更新頻度は低めですが、悪しからず。

MENU

第2回目の手術直前の『皮膚の状態』を公開します!&経過報告。

f:id:shibaccho:20161024175312p:plain 

どーも、顔面崩壊ブロガーのしばっちょ(@BACHO_malti)です。

2016年の9月8日に受けてきた第2回目の瘢痕治療。

➡︎『第2回目』ニキビ跡・瘢痕治療 顔の皮膚バッサリ切ってきました

 

今回はこの手術を受ける前の左頬の状態を公開しようと思います。あとその後の経過も載せておきます!

 

ピアス貫通!?手術前の皮膚の状態

f:id:shibaccho:20161024170213j:plain

2回目の手術の記事では、上のイメージ図しか載せていませんでした。でも今回は、実際の画像を載せますね。

ちょっとためらいましたが、別に見せて減るモンでもないし。それに、画像のほうが分りやすいですしね!

で、画像を見る前に!

 

デーン!!

f:id:shibaccho:20161024170936j:plain

何でピアス?

 

理由はそう、僕の以前の肌は、ピアスが貫通するような穴が空いていたんです。驚きですよね。

ってことで、2回目の手術を受ける前に、肌にピアスを通した写真を撮っておいたので、”皮膚の状態”と一緒に見てもらいましょうか。

 

f:id:shibaccho:20161024171343j:plain

こんな感じです。ちょっと写真撮った場所が悪くて見にくいですが。わざわざピアッサーで穴開けなくてもピアス通せるんですよ、スゴイでしょ!

(全然スゴくねえ、キモい

 

【グロ注意】手術直後の治療部位

手術直後の治療部位

つまり“手術で余分な肌を切り取った所”の写真を撮っておいたのですが、ちょっとグロいと思ったので前回の記事には載せませんでした。

でもやはり画像があるに越したことはないので、今回2枚載せる事にしました。

ちょっとグロいのが苦手な人や、血をちょっと見るだけでも嫌だって人は、あまり見る事はオススメしません。

皮膚がえぐれているような画像です。

 

では載せます。

 

f:id:shibaccho:20161024172804j:plain

 

ちょっと角度を変えて。

f:id:shibaccho:20161024172835j:plain

2枚目の写真を見るとわかりますが、治療部位の周り(画像左下)にもまだ余分な皮膚が残っているんですよね。

今後の治療でそれらも切り取っていく予定です。

 

手術後6週間目の状態(10月20日時点)

第2回目は、第1回目の手術の時よりも皮膚を切り取った範囲が広かったので、皮膚の治りが遅かったように思います。

6週間経った今でも、まだ表面の皮膚はかなり薄くて突っ張った感じです。爪で引っ掻いたりでもしたらヤバそう。 

ってことで今の状態はこんな感じです。

f:id:shibaccho:20161024174105j:plain

まだまだピンク色ですね。遠くからみても結構目立つようで、少し嫌ですが、まあ我慢。

このピンク色が引いて、表皮がしっかりするには、まだまだ時間が掛かりそうです。

でもまあ、顔面のデコボコが徐々に治ってきていると思うと…純粋に嬉しいですね。

早く顔面崩壊ブロガーなんてキャッチフレーズ、卒業したいなあ。(笑)

 

いじょーう。