顔面崩壊ブログ。

ニキビ跡治療、スキンケア、美容、乾燥肌、敏感肌に関連する記事を、ぼくの体験をもとに投稿していきます。更新頻度は低めですが、悪しからず。

MENU

形成外科での治療後18時間も血が止まらなかった話。

f:id:shibaccho:20160617000556p:plain

【ちょっぴりグロい画像があります。自己責任でお願いします】

 

どーも、しばっちょです。

6月13日に葛西形成外科で、初めて瘢痕治療を受けてきたのですが…初回から、トラブルが発生!

18時間血が全く止まらなかった、というクレイジーな話です。

 

関連記事

 

 

初回の治療の概要

顔の右頬の、皮膚が隆起している4か所を切除して平らにしてきました。 

▼一番隆起している皮膚はこちら、指でつまめます。

f:id:shibaccho:20160616235324j:plain

 

関連記事

 

18時間出血との戦い

手術当日16時頃に帰宅し、家でくつろいでいると、17時頃に突然ガーゼが血の色に染まってきました。この時点では、「まあそのうち止まるやろ」くらいにしか思っていませんでした。

 

▼血でガーゼが赤く染まってきた時 

f:id:shibaccho:20160617001230j:plain

 

▼さらに1時間後、ガーゼから血がはみ出して来た・・・!

f:id:shibaccho:20160617001459j:plain

「このままじゃまずい!血が止まる気配がない!」

 

そう思い、とりあえずガーゼを外し、ティッシュで血を拭き取りました。ガーゼの内側にはすごい量の血が溜まっていました。

出血箇所がどこかを確認してみると、皮膚を切除した4か所の内、1か所からずっと血がタラーっと流れ出ていました。

 

清潔なガーゼが無かったため、ティッシュで出血部分をひたすら強く圧迫していましたが、血は全く止まりませんでした。ティッシュを外すと、一瞬で血が頬から顎に流れていき、ポタッポタッと落ちるくらいの量の血が出ていました。

 

その間、ネットで止血方法を調べたり、家周辺の夜間診療を行っている病院を調べたりしていたのですが、結局自分で圧迫して止血する事にしました。

そこからはひたすら出血部分を圧迫、圧迫、圧迫、、、止まれ、止まれ、止まれ、、、

しかし、全く止まりませんでした。

時間だけがどんどん過ぎていき、結局朝まで寝れずに出血と闘っていました^^;

 

葛西形成外科へ連絡

朝まで出血と闘い眠気がMAXだったので、少しベッドで横に寝転がりながらティッシュで圧迫していたのですが、気が付けば2時間ほど寝てしまい朝9時半でした。ベッドのシーツには案の定、血がべっとり・・・

葛西形成外科の診療開始は朝の8時30分からなので、すぐさま電話し院長に出血の事を伝えました。

 

院長「出血部を30分くらい強く圧迫してたら、ほぼ血は止まるはずなんやけどねえ」

僕「昨日の夜19時くらいからずっと圧迫してるんですけど!」・・・(笑)

 

葛西形成外科で止血

電話で院長と話した結果、もう一回病院まで行けばレーザーで傷口を焼いて止血してくれるとの事でした。

僕は大学生で、次の日は大事な試験なども控えていたので、かなり面倒ではあったもののもう一度病院まで行きました。

 

病院までの道中、ずっと血は止まらなかったので、ティッシュを4.5枚ほど重ねてテープで軽く固定し、上からマスクを付けて、これでもか!という程に傷口を強く圧迫しながら片道1時間ちょっとかけて病院まで行きました。

くそ大変でした。(笑)

 

病院に到着すると、再度手術台で仰向けになり、レーザーで傷口を焼いてカサブタ状態にしてもらいました。もちろん、また局所麻酔を3発打ちました、これが痛いのなんの!!

今回の麻酔代とレーザーでの止血代は、さすがに無料にしてもらえました。支払ったのは診察代380円でした。

 

初回治療をひと通り終えて思ったこと

初回の治療を終えて、色々と準備不足だったことに気がつきました。

まず、皮膚を切り取るわけだから、出血するのは当たり前っちゃ当たり前。

手術ではある程度しっかり血を止めてはくれますが、血液の循環などは人によって違うもの。今回の僕は、たまたま傷口の部分に血がよく通っていたわけです。

なので、家で不測の事態が起こってもある程度は対処できるように準備しておく必要があります。

一応です、一応。お医者さんも神様ではありません。

 

清潔なガーゼなど

f:id:shibaccho:20160617001842j:plain

今僕は、一人暮らしをしており家にガーゼがなく、血が止まらなかったため買いに行くことも出来ず、仕方なくティッシュで傷口を圧迫して血を止めようとしました。

でもティッシュってあまりキレイじゃないってよく耳にしませんか?

傷口をティッシュで抑えるのは少し抵抗がありました。だから、出来れば清潔なガーゼを予め用意しておこうと思いました。

 

家の周辺の医療機関

治療を行う形成外科と家が近い場合は別に調べておく必要は特に無いと思います。

しかし、治療を行う形成外科と家が遠い場合、不測の事態が起こった時に素人のぼくたちでは対処に困ります。

今回僕も近くの医療機関の夜間診療や急患センターに電話するか、かなり迷いました。

ですので、予め近くの病院を調べておくことが大切だと思いました。

治療を行う形成外科と家が遠いって人は、治療した日はその形成外科の近くのホテルなどに宿泊すると安心かもしれませんね。

 

正直大変でしたが、総じてよい経験になりました。

合計約18時間も血が止まらなかったなんて、今考えても恐ろしいです。

以上!