【経過報告】【肌写真有り】初めての瘢痕治療から10週目の肌の状態

スポンサーリンク

どーも、ばっちょです。

初めて瘢痕治療を行った日が、2016年6月13日。

8月22日でちょうど“10週目”を迎えたので、治療部の経過報告をしようと思います。

参考:『第1回目』 瘢痕治療・レーザー治療 体験記 at葛西形成外科 – 顔面崩壊ブログ。

スポンサーリンク

写真で比較してみましょう

撮った場所がそれぞれ異なるので、写真映りが全く違いますが、ご了承下さい(笑)

f:id:shibaccho:20160823192933j:plain

上の写真が、術後2週間目の状態。

まだまだ傷口がはっきりとわかりますよね。

軽く触れてみても、明らかにボコっとへっこんでいる状態でした。(皮膚を切り取った部分は、最初はボコっとへこんしまうようです。)

この段階では、まだ『the傷口』って感じの見た目で、かなり赤みを帯びていました。

f:id:shibaccho:20160823193051j:plain

次にこの写真が術後5週間目

薄く表皮が張ってきている状態。

表面はツルツルとしていて、まだ少しだけへっこんでいる感じがしました。

f:id:shibaccho:20160823193115j:plain

これが8月22日現在、10週目

んー、写真だとかなり分かりにくいですね。

以前に比べると表皮もかなりしっかりと張っていますし、色もピンク色をしていますが、前よりかは薄くなった実感があります。

とりあえず、日々の生活の中で爪でひっかいてしまったり、直射日光を当てしまったりしないように注意しています。

今後の予定

今大学が夏休みで、ずっと家で安静にしていられるので、9月あたりに第2回目の治療を受ける事を考えています。

次の治療も、おそらく初回とやることはほぼ一緒で、邪魔な皮膚を切り取って顔面を平らにしていく事ですね。

とにかく、手術前の顔への何十発もの麻酔注射が痛くてビビッてます。(笑)

あれはマジでトラウマになりますわ。

ってことで、また第2階目の手術を受けて来たら報告したいと思います。